とにかく 何でも やってみる!

流浪の民「サンカ」は古代日本を知っていた?

「サンカ」は、かつて日本の本州各地の山地に住んでいたとされる放浪民の集団である。 歴史学者の多くはサンカの存在について積極的に研究対象とはしていない。理由として、サンカは日本の歴代の中央政権との関わりあいがなかった事、少人数で構成され、遺跡・遺物など歴史的価値のある資料の類がほとんど残されていない。 […]

般若心経って何ですか!(2)

お経を唱えると、呪文のような効果はあるのだろうか・・? 心霊体験者やそれを信じる信じないは別としてこわ~い思いをした時についつい この般若心経を唱えてしまったという方は結構いるのではないでしょうか。 あるいは、南無妙法蓮華経 だったり、南無阿弥陀仏 かもしれませんね。  それって、 本当に 霊を祓っ […]

般若心経って何ですか!(1)

般若心経を唱えるとどうなるのか・・。 効果はあるのか! 修行僧ではないごく普通の一般人である私たちにとって、仏教典とは一体どんな意味を持つものなのでしょうか。 どう理解したらよいのでしょうか・・。 お葬式や法事などで聞いたり見様見真似で読んだりはしているけれど、何らかの力があるのだろうか。 信じる信 […]

ペットの死について思う。

生涯を閉じていった我が家のペットたち。 2020年の秋の朝、やんちゃな黒犬のカンキチがその生涯を閉じました、齢15年とちょっと短めでした。犬小屋の中で眠るように息を引き取っていました。 いなくなってみると、生活の中のある部分にぽっかりと穴が開いてしまったことに気づかされますね。 葬儀、火葬と立ち会っ […]

竹内文書に見る、月読暦とは!

古代日本では、季節の変わり目を重要な節目と考え、暦を重要視していた。 月読暦と古代天皇の寿命 イザナギが生み出した「三貴子」の一人、月夜見命(つきよみのみこと)は、夜を治めるよう仰せつかった神である。 竹内家帝皇日嗣では、月夜見命は三柱の神を示すとされる。 月読命:新月で、暦の神 (月読暦) 月弓命 […]

「日本」のルーツを考える。カタカムナウタヒが語る世界! 第16首 ~ 第17首。

 日本最古といわれるの神代文字カタカムナウタヒには次元・時空の生成、量子(理論)に関する事柄、生命誕生など地球の歴史が書かれているのです。 八百万の神は生命の構成器官(地球も一つの生命体) 第16首 アメノサツチ, クニノサツチ, アメノサギリ, クニノサギリ, アメノクラト, クニノクラト, オホ […]

古文書に見る日本の歴史! ⑷ 竹内文書は本当に偽書なのか?出雲族と大和族と原日本人!

古代日本を支配していた天孫族。出雲族と大和族の戦い、そしてそれ以前からその地の住んでいた原日本人 とは・・・! 天孫降臨後日本を統治していた「天皇族(すめるぞく)」が、太陽信仰の下日本列島で文明を築いていた。(天地開闢、天孫降臨のページを参照してください) 三貴子は、三氏族へと繋がる。 伊邪那岐神( […]

古文書に見る日本の歴史! ⑴ 竹内文書は本当に偽書なのか?古事記解説編 その2

古神道・竹内文書を読み解いていくと、消えた日本の歴史が見えてくる。 竹内文書(帝皇日嗣)で見る 国生みと神生み。 宇宙の神が顕現し地球を含む惑星があちらこちらに誕生した。さあ、地球に神が降り立つ天孫降臨によっていよいよ惑星環境がつくられていきます。 私たちにとって、最も馴染み深いイザナギとイザナミに […]

「日本」のルーツを考える。カタカムナウタヒが語る世界! 第14首 ~ 第15首。

 日本最古といわれるの神代文字カタカムナウタヒには次元・時空の生成、量子(理論)に関する事柄が書かれていると言われています。  生命循環の理 第14首 オホコトオシヲ, イハツチヒコ, イハスヒメ ,オホトヒワケ, アメノフキヲ ,オホヤヒコ, カサケツワケノオシヲ, オホワタツミ ,ハヤ […]

古文書に見る日本の歴史! ⑴ 竹内文書は本当に偽書なのか?古事記解説編 その1

古神道・竹内文書を読み解いていくと、消えた日本の歴史が見えてくる。 竹内文書(帝皇日嗣)で見る古事記の天地開闢。 竹内文書の”表向き!帝皇日嗣から見る、古事記の天地開闢” この内容は、口伝による日本古代史含まれており、古事記・日本書紀とは少し違う天神人租について解説されています。割と聞きなれている部 […]

1 7