小型で便利な、アウトドア向けストーブPICK UP!

小型で便利な、アウトドア向けストーブPICK UP!

山間部・冬キャンプの必需品。特選、お勧め ストーブ はこれだ!

定番モデルを中心に、おすすめのアウトドア向けストーブをご紹介します。十分な防寒対策として、テント内をしっかり暖めてくれるので、就寝時も快適に眠れ 冬キャンプにも安全快適に過ごす事ができるでしょう。

ガスストーブは、軽量かつコンパクトで携帯性に優れているため、手軽に使えるのが魅力です。石油や薪ストーブと比較して火力は弱いすが、ソロやカップルなど少人数でのキャンプにおすすめ。燃料のガス缶には、CB缶とOD缶の2種類があるのでお間違えのないように!。

CB缶は、カセットコンロに使用する燃料でおなじみの「カセットボンベ」です。OD缶と比べ火力では劣りますが、手頃な価格が魅力。また、対応するガスストーブの種類も豊富です。

一方、OD缶はアウトドア用途を目的に作られているガス缶。CB缶と比較して価格は高くなりますが、火力が強く、低温環境でも安定しているのが特徴です。しかし、対応しているガスストーブの種類はあまり多くないため留意しておきましょう。

おすすめ 灯油ストーブ

SUND 灯油ストーブ 6L

SUND 灯油ストーブ 6L

おしゃれなレトロ調デザインが特徴の石油ストーブです。6Lの大容量燃料タンクを搭載。約24時間の燃焼が可能なので、連泊をする冬キャンプでも安心して使用できます。3,000W相当の発熱量を有しており、全周に熱を放出するタイプのため、グループで暖を取る際にもおすすめです。

キャリングハンドルを装備しているので、持ち運ぶ際にも重宝します。

アルパカ(ALPACA) 灯油ヒーター TS-77A

アルパカ(ALPACA) 灯油ヒーター TS-77A

韓国の人気ブランド、「アルパカ」のコンパクトで経済的な石油ストーブです。燃料を満タンにすると約15時間の燃焼が可能なため、キャンプなど冬のアウトドアアクティビティーに重宝します。

自動消火装置が搭載されているのもポイント。突然地震に見舞われたり、誤って倒してしまったりしても安心です。

キャリングハンドルが装備されているのも魅力。調理時はキッチンスタンドの横、食事の際はキャンプテーブルのわきに置くなど、手軽に設置場所が移動できます。携帯性に優れた石油ストーブを探している方におすすめです。

スノーピーク(snow peak) タクード KH-002BK

スノーピーク(snow peak) タクード KH-002BK

登山・キャンプ用品で人気の、「スノーピーク」が展開する石油ストーブです。タンク容量3.1Lで約15時間の燃焼ができ、燃費に優れているのが魅力。1泊2日ほどのキャンプであれば、予備の燃料を持たずに冬キャンプを楽しめます。

本体サイズは、約38×34cmとコンパクト。持ち運びのしやすいモデルを探している方におすすめです。平らな天板には、やかんや鍋を置くことが可能。暖を取りながら、手軽に煮込み料理などが作れるので重宝します。

しかし、不完全燃焼の危険があるため、テント内での使用はできません。通気性が確保されつつ風の影響を受けにくい、シェルター内での使用が推奨されているので、購入の際は留意しておきましょう。

トヨトミ(TOYOTOMI) 対流型石油ストーブ レインボーランタン RL-250

トヨトミ(TOYOTOMI) 対流型石油ストーブ レインボーランタン RL-250(G)

ランタン風のデザインがおしゃれな、対流型石油ストーブです。およそ40Wの明るさを持つ7色の優しい光が特徴。暖房としてだけでなく、夜のアウトドアでの心強い明かりとしても便利です。

また、電子点火方式を採用しているのもポイント。ツマミを回すだけで簡単に着火できるため、初心者にもおすすめのモデルです。さらに、「ニオイセーブ消化」機能を搭載しているのも魅力。

ストーブを消した際に発生する、いやなニオイを抑えます。アウトドアでもインドアでも快適に使えるおすすめのモデルです。

おすすめのガスストーブ

イワタニ(Iwatani) カセットガスストーブ ポータブルタイプ CB-STV-MYD

イワタニ(Iwatani) カセットガスストーブ ポータブルタイプ CB-STV-MYD

カセットガス製品で人気の「イワタニ」が展開している、ポータブルガスストーブです。燃料には、カセットガスコンロでも使われているCB缶を採用しています。重さは約2.6Kgと軽量。収納式のハンドルを装備しているので、どこへでも簡単に持ち運びができるのが特徴です。

連続して燃焼可能な時間は約3時間20分。石油タイプと比べると短めですが、燃料のガスボンベが携帯性に優れているため、予備を持って行くことでカバーできます。

また、不完全燃焼防止装置や転倒時消火装置など、安全機能が充実しているのも魅力。ソロやカップルでのキャンプなど、少人数におすすめのモデルです。

イワタニ(Iwatani) スポーツヒーター CB-ODH-1-GR

イワタニ(Iwatani) スポーツヒーター CB-ODH-1-GR

屋外専用に開発されたガスストーブです。CB缶を採用しているため、自宅で使っているカセットコンロの燃料と共用できます。球状発熱体の内部でガスを燃焼させる方式を採用しており、少ないガスで効率的に発熱するのが特徴です。

最大で1,000W相当の発熱量ながら、約3時間28分の連続燃焼が可能。また、パラボラ形状のリフレクターを装備しているので、スポットで暖める用途にも最適です。

キャンプはもちろん、釣り・スポーツ観戦・野鳥観察など、冬場のさまざまなアウトドア活動で重宝します。

カセットコンロと同じ点火方法のため初心者が簡単に扱え、立消え安全装置や転倒時消火装置、圧力感知安全装置も搭載するなど、安全性にも配慮されたアイテムです。

コールマン(Coleman) クイックヒーター 170-8054

コールマン(Coleman) クイックヒーター 170-8054

老舗のアウトドア用品メーカー、「コールマン」が展開しているガスストーブです。燃料にはOD缶を採用。容量470gのレギュラーガスボンベを使用すると、約8.5時間も連続燃焼が可能です。

また、本体サイズは約16×17.5cm、重量は約400gと、コンパクトで軽量なのも特徴。

携帯性にも優れているため、ソロの登山やキャンプツーリングにおすすめのモデルです。また、コンパクトながら点火装置を搭載しており、利便性に優れたアイテムを探している方にはおすすめです。。

SEIKOH カセットガスストーブ

SEIKOH カセットガスストーブ

安い価格が魅力の、燃料にCB缶を採用したガスストーブです。ヒーター部分の角度を変えることで、ストーブにもグリルにも使えるのが特徴。大型のセラミックパネルを採用しており、最大熱量は1,300Wと強力です。

ガスボンベ1本で、約3〜4時間の連続燃焼が可能。冬のキャンプで足元を温めたり、お湯を沸かしたりと、幅広いシーンで活用できるため便利です。

収納時は高さが約27cmとコンパクトになるので、車に積み込む際や保管時にもかさばりません。キャリングハンドルを装備しており、持ち運びも簡単にできる一押しのモデルです。

おすすめ 薪ストーブ

薪ストーブと言うと、手軽さやコンパクトとは程遠いイメージがありますが、小型で携帯性も良く 発電機能までであるという優れモノをご紹介します。

バイオライト(BioLite) キャンプストーブ2 CSC1001

バイオライト(BioLite) キャンプストーブ2 CSC1001

本体サイズが約12.7×21cmと、コンパクトな薪ストーブです。燃焼時に発生する熱を利用した発電機能を備えているのが特徴。発電ユニットには2,600mAhのバッテリーを内蔵しており、電気を蓄えておくことが可能です。

また、USB端子を搭載しているのも魅力。スマホなどの電子機器を充電したり、付属のフレックスライトを点灯させたりと、便利に使えます。

燃料は薪だけでなく、小枝・松ぼっくり・木質ペレットなど、さまざまな木材が使用可能。防災グッズとしてもおすすめのモデルです。

アウトドアでストーブを使う際の注意点

ストーブは寒い時期のアウトドアに必須のアイテムですが、テント内で使う際には換気に気を配り、一酸化炭素中毒を予防することが重要。 一酸化炭素は無色無臭のため、寝ている間に気づかず中毒になり、命を失ってしまうケースも考えられます。

形も用途ごとにいろいろあり、安全性を考えたうえで選びましょう。