定年後は、自営業・山開拓 で生きる。

定年後は、自営業・山開拓 で生きる。

60歳定年退職、ひまわり工房開業から山林購入まで。自由気ままに第二の人生。 定年2年前からの計画

定年1年前の決心

定年前から決めていたことはただ一つ、退職して自営業をしながらそれから先をどう生きるか考える。

自営業を選んだ理由は、ただ単純に雇われの身から解放されることです。どんな仕事をするか、どれだけの収益が確保できるかなんて半ば行き当たりばったりです。(いい加減だなぁ・・それで大丈夫なのか? まあ、それが自分のために生きるということだからすべて自己責任・・と自分に言い聞かせて。)

バイクとドローンが趣味だから。

開業後はすぐに古物商の申請をし、中古バイクの仕入れ販売ができるようにしました。

昔からバイクいじりは好きで、ヤフオク中心に細々とやっていきます。旧車をを仕入れて整備した後販売します。

それから、ドローンスクールに入り講習を受けた後中古機体を購入して練習を重ね、現在はTSS・DIPSにも登録し登録IDも取得して合法的にドローン飛行を積み重ね、滋賀県のDHI(ドローン防災・産業協会)にもメンバー登録しています。(災害発生時に、ドローンでの調査支援の補助です。)

そして幸運なことに、勤めていた会社より自営業の私あてに業務の手伝いの依頼をいただき予期せぬ収入を確保できるようになったことで、自営(便利業)の営業に割く時間が大幅に節約でき他の事に時間を費やせたことですね。

( 自由気ままに生きると云う事・・・。)

 

自営業開業の2年目に、山林購入

バイクいじりとドローン飛行を楽しんでいたんですが、何やら引っかかるものがある・・・そんな感覚が否めないとき、息子たちが 「山林でも買って開拓しながらキャンプでもせいへん?」

その一言がやけに心に浸みてきたのです。 それからは、早かったような気がします。

山林市場というサイト で紹介されていた物件です。

現地視察に来た、和歌山県の山林

軽自動車がぎりぎり通れるほどの細い橋の向こうにある物件、たどり着くまでが大変でした。

 

私有地も多く、勝手には入れません。

 

安く購入するためには、やはり手入れがされていないもじゃもじゃの山林・・ということで。

結局「ジモティー」でみつけた物件で決まりました。

 

ここが入り口です。

物件のすぐ近くには海があります、海水浴でも磯遊びでも、魚釣り公園もありで結構楽しめそうです。

 

入り口をふさぐ木を切り倒し、斜面を均すことから始めます。

この入り口までは道路も舗装されておりすれ違いもできるほどですが、1.5メートルほどの段差になっておりここから先は歩きです。

 

 

大した道具もなかった初日の作業です。
とりあえず、クローラーが登れる程度までは斜面を削らなくては・・・。

 

家族それぞれの思い。

山中キャンプ、サバゲー、アスレチック

ぐだぐだファミリー・チャンネル

上の動画は、キャンプをメインにした動画サイトを作りたいと息子が自分で編集・投稿したものです。

旨いキャンプ飯やピザ窯の設置とかいろいろ夢が膨らんでいるようですね。

長男は、キャンプ場とサバゲー場が作りたいとの賜っているし・・・。

末の息子は、幼児用の遊具やアスレチックなどを作ろうと考えているようです。

山林開拓

我が家では、子どもたちがまだ小さいころから毎年夏にはキャンプに出掛けていましたが、これからは自分達で作ったキャンプ場で季節に関係なくキャンプができるように何とか整備していこうと考えています。

当面の目標としては、2~6歳の孫たちが安全にキャンプに参加できるような環境作りといったところですね。

釣り道具も用意して、魚釣りでも海水浴でも好きなことができるように、それから

テントが苦手な息子嫁にも来てもらえるように、宿泊・シャワー・トイレの設備も必要です。

毎日作業場に通えるわけではないので、一通り設備が整うのは来年あたりかなぁ。

まあ、私自身はこういう作業や道具の手入れ・修理が楽しいんですがね・・。

貯水タンクの設置できたら、水がたくさん使えるようになります。

そしたら、何日か泊まり込みで作業をしに行こうと考えています。

自由気ままに 生きると云ふこと。 (ひまわり工房ブログ)

(バイクとドローンと日本の古代史と古神道に熱中する。)

ひまわりGチャンネル はこちら。 (Youtube)