PC不要でVHSをデータ化できる液晶搭載キャプチャを使ってみた。

PC不要でVHSをデータ化できる液晶搭載キャプチャを使ってみた。

VHSビデオテープが実家に残っているけど、思い出がつまったVHSビデオテープだから、せめて映像はデータ化して残しておきたい。(自分で、安く!)
そんなことを思われている方にオススメ サンワサプライが提供する、3.5型の液晶ディスプレイを備えたアナログ入力のビデオキャプチャ「400-MEDI029」。

 

小型で簡単、パソコンいらず!

 

実際我が家も数十本のVHSビデオテープが押し入れに眠っていて、
データ化されるのを待っている状態です。(他に、8ミリビデオもかなりある)

絶滅危惧種となっている「VHSのビデオデッキ」があることが条件ですが、
画面を見ながらVHSビデオテープを簡単にデジタル化できるという優れもの。

 

モニター付きビデオキャプチャ

S映像/コンポジットとアナログ音声の入力端子を備え、接続したVHSビデオデッキなどの映像をデジタル化できるビデオキャプチャ。PCを使わずにUSB HDDやSDカードに録画でき、3.5型のディスプレイとスピーカーで映像と音声を確認可能。HDMI出力も備え、テレビなどへの映像出力も行なえる。

 

付属品、HDMIケーブルは付いていない

入力解像度は720×480(480i)。出力解像度は1,280×720(720p)。記録形式はMPEG-4 AVC/H.264(MP4)。

ハイビジョンが当たり前の昨今ではちょっと物足りないですが、まあ元がVHSですからそこらあたりは辛抱ですな。

録画データは、USBメモリ(128GBまで)、SDカード(128GBまで)、HDD(2TBまでのセルフパワータイプ)に保存できる。記録時間の目安は4GBで約2時間15分、8GBで約4時間30分。なお、ストレージは別売となる。

60/90/120/150分で自動的に録画を停止する「録画停止タイマー機能」や、録画のタイミングを、毎日/一度/毎週から設定できる「スケジュール録画機能」を備える。

外形寸法は160×73.5×25mm(幅×奥行き×高さ)。重量は160g。USB-ACアダプタやRCAケーブルが付属する。

 

接続は簡単

データ化したいビデオをデッキにて再生する。

HDMI又はコンポジットケーブルを使って、ビデオデッキより信号を取り込むだけ・・。

すると、ビデオキャプチャー「400-MEDI029」に映像が映るのですが、この時に録画ボタンを押せば、データ化されるという仕組みです。

この内蔵モニターの大きさは3.5インチになっているので、意外と内容はしっかりと把握できます。

録画を終了したい時はもう一度ボタンを押すだけ。

キャプチャしたデータはMP4形式で保存されるので、YouTubeにそのまま投稿することもできます。(SDは、128GBまで対応しています。)

 

全面パネルの説明

ヘッドセットも使用できる。

 

後面パネルの説明

メニュー表示が日本語で 、小さな画面での操作は見づらいという方は、ビデオキャプチャーとテレビをHDMIケーブルでつなぐことで、大画面で確認をしながらチェックすることも出来るようで老眼に悩んでいる方も全然OKです。

  

便利な機能としては、60分・90分・120分・150分の録画自動停止タイマーがついているので、こちらを利用すれば同じ時間で分割された動画を作ることも出来るということでしょうか。

まあ、1万3千円ほどですから、大切な”VHS”テープの映像保存にはこれくらいがちょうどいいんじゃないでしょうか。

我が家では、8ミリビデオもたくさんあるので(当然、デッキも確保している)時間を見つけては、HDDやSSDに映像を残すようにしています。