竹内文書

古文書に見る日本の歴史! ⑶ 竹内文書は本当に偽書なのか?

古神道・竹内文書を読み解いていくと、消えた日本の歴史が見えてくる。  神皇時代の天孫降臨。   古事記、茨城竹内文書、正統竹内文書 それぞれの天孫降臨!     古事記の天孫降臨   大筋では、大国主命(オオクニヌシニミコト)が葦原中国(アシハラナカツクニ)を平定後、天照大御神(アマテラスオオミカミ)などの天神たちに国を譲ることになった。( 大国主の国譲り) 大国主 の思いを受けて、高天原からは葦 […]

古文書に見る日本の歴史! ⑵ 竹内文書は本当に偽書なのか?

  古神道・竹内文書を読み解いていくと、消えた日本の歴史が見えてくる。 天地開闢を考える。   正統竹内文書と初代竹内宿禰   越中の御皇城山(おみじんやま)の”皇祖皇大神宮(こうそこうたいじんぐう)”に伝わる鹿皮に神代文字で書かれた 文献 が竹内文書の原書であり日本の歴史だった、そこにかかれていたものは・・。 武烈天皇は、それまでの勝者としての朝廷によって都合よく書き替えられることが常であったが […]

古文書に見る日本の歴史! ⑴ 竹内文書は本当に偽書なのか?

古神道・竹内文書を読み解いていくと、消えた日本の歴史が見えてくる。   そもそも 古神道・竹内文書とは、   「 夫れ 混元既に凝りて 気象効れず    それ まろかれたるものすでにこりて いきかたちあらわれず 名も無く 為も無く 誰か其の形を知らむ。 まのなく わざもなく たれかそのカタチをしらむ 然れども  乾坤初めて分れて 参神造化の首と作り  しかれども あめつちはじめてわかれて みはしら […]