ホツマツタヱとあわのうた

ホツマツタヱが語る古代日本①

ヲシテ文字とあわのうた ホツマツタエ(秀真伝)は、古代倭(やまと)ことばで綴られた壮大な叙事詩であり、縄文後期から弥生、古墳前期までの約一千年あまりの神々の歴史や古代日本の文化がそれぞれ「天の巻」「地の巻」「人の巻」の3部構成で記されたものです。 また、これらはヲシテ文字によって記述されており、アメ […]