スマートブレスレットウォッチ !歩数計 血圧計 心拍計 を使ってみた。

スマートブレスレットウォッチ !歩数計 血圧計 心拍計 を使ってみた。

歩数計 活動量計 心拍 防水 ランニングモード 消費カロリー 睡眠検測 アラーム 多機能 着信電話着信 Line通知 と、多機能ウォッチで健康チェックをしてみた!

見た目は結構スマートです

仕事柄、手首まわりにゴロゴロと何かあるのが嫌で 長年腕時計すらつけたことがなかったが、普段から健康を意識するようにと 家族に促されつけてみました。

汚れたり傷ついたりはしたが、まあ、思ったほど邪魔にはならなかった。

購入時の設定は、iphone&Android対応の 日本語説明書もあり問題はなし。ウレタン製のベルトで軽やかである。

表示デザインにはいくつかのパターンがあり、選択できる。TFTカラースクリーン日差し下でもある程度見やすいが、表面に細かな傷がついたりすると乱反射して多少見づらくなるのは仕方ない。

歩数や歩行時間、消費カロリー等運動データの記録の他、心拍計、睡眠時間、カウントダウン、ストップウオッチ、カメラ遠隔操作、座りがち注意、アラーム、日付表示、携帯探し、運動データ分析、生理周期等の健康管理計測機能とあるが個人差があり使わない機能が多い印象だ。。

ランニングモードでは、スマホを同期させると、アプリで運動の軌跡図が見える。

Line・着信・メール通知機能もあり、着信やメッセージが来るとスマートリストバンドは振動で知らせてくれる。

防水であるが生活防水程度と考えた方が安全である。

150mAh電池容量があり、使用時間は3-6日、未使用のまま置いておくと最大待機時間は30日ほどある。実際、長持ちするため面倒がない、充電ケーブルの接続の必要がなく、片方のバンドを引っこ抜くとプラスチック端子になっておりUSBポートへの接続でき充電できる。ケーブルの持ち忘れや紛失などを気にしなくても良いのは案外便利である。

Android4.4/iOS 8.0以上、Bluetooth4.0対応のスマートフォンに適応、電波法の技適マークも取得しているとの事、”へぇ~!”といったところだ。

時刻表示は、デジタルとアナログの切り替えができる。多機能ではあるが、 自分の場合使うのは時計以外は、主に歩数計・血圧計・脈拍くらいだろう。

脈拍・血圧測定メニューを選ぶと、本体裏のLEDが点滅し始める。

血液の脈動を拾っているのだろう、私の所有している国内某メーカー製の血圧測定器と比べるとぴったり正確とはいかないまでも近い値は表示してくれる。安静状態で2~3回測って平均を見る・・・という程度の使い方がいいように思われる。

そもそも、測定時の状態次第で血圧なんてころころ変わるので、一回の測定に一喜一憂する必要もないだろう。目安程度で良いと思う。

2個購入したのだが、そのうちの一個がUSBポートに差し込むプラスチックの端子部分が接触不良を起こしたようで一年を待たず、充電不能になったのは惜しいな。

はじめのうちは、差しなおして充電できたが、そんな状態が一か月ほど続きダメになった。接点復活剤を使ったが、復活できず。(多分、本体機能には問題はないと思われるので、何となくもったいない気がする)

それから、ウレタン製のバンドが耐久性に問題ありで、1年程で2個共切れてしまった。同型商品のスペアバンドが販売されていたので購入したが、差込口の大きさが何故か微妙に違う。本体側の差込と逆になっているため、購入時のベルトとの併用は不可である。(まあ、セット交換すればよいだけだが・・)

差込穴の大きさが違う

2個のうち一つだけ、なかなかスマホとのペアリングができずさんざん悩んでいるといつの間にか繋がったり、また切れたり・・・よくわからん状態になる事がある。(そのうち、ペアリングなしで単独で使うようになった)

製品にバラツキがあるのか・・・。

まとめ

自分の使いたい目的のための機能は十分に果たしてくれたので概ね満足はしているが、 ¥3,780 という価格の割にはもう少し耐久性が欲しいところだ。(充電さえできれば、まだまだ使えるのに)

同じような製品がたくさんあり、価格帯もまちまちなので仕方ないのかもしれない。(日本製と同じような信頼性を期待しては、いけないようです)