ハーレーダビッドソンの電動バイク「LiveWire」。発売直後に製造停止した理由とは!

ハーレーダビッドソンの電動バイク「LiveWire」。発売直後に製造停止した理由とは!

ハーレーダビッドソンは、同社初の電動モーターサイクル「LiveWire」に仕様とは異なる点を発見されたとして製造を停止した。

同社初の電動モーターサイクル「LiveWire」

追加テストと分析・順調に進んでいる

バイク乗りなら一度は乗ってみたいバイクのナンバーワンともいえるハーレーダビッドソン、そのハーレーが製造発売した電動バイクが生産及び販売を停止した。

すでに出荷されたLiveWireをリコールすることはないとしているが、「最近の最終品質検査で仕様とは異なる点が発見されたため、製造と販売を保留し、追加のテストと分析を開始して順調に進めている」との声明を発表した。

LiveWireディーラーおよび顧客とは密な連絡を取っており、今後もモーターサイクルに乗り続けられることを伝えた。

また、「高品質を維持することは常にわれわれの最優先事項だ」とも。いつ製造、販売を再開できるのか、あるいは販売・製造中止に関する詳細情報については詳しい発表はない。

LiveWireは数年前からの情報やコンセプト車両のデモンストレーションのあと、2019年に製造開始され、ディーラーへの配車は9月27日から始まった。

このバッテリー駆動のハーレーは、時速0〜60マイル(0〜約97km)の加速を3秒で行い、最高時速は110マイル(約177km)に達し、60分で充電を完全に終了する。標準小売価格はそれは2万9799ドル(約320万円)だ。

家庭用コンセントでLiveWireに充電可能で、Tesla車に電力を供給するのと同じ急速充電ネットワーク(ChargePointなど)を使用することで、高速道路走行にも対応できる。

ハーレー・ダビッドソンの電動シフト

最近の米国でのモーターサイクルの新車販売は、 特に40歳以下の顧客で不振が続いており、売上は過去10年間下降している。

同社の電動モーターサイクルへのシフトは、いわばハーレーダビッドソンの賭けだ。

今回の製造中止は、 モーターサイクル会社の中でEVでのリーダーシップを取ろうとしたハーレーダビッドソンにどのような影を落とすのだろうか。

電動バイクメーカーのゼロ・モーターサイクルズが、新モデル「SR/F」を発表

ハーレーより高性能な「新しい電動バイク」

2017年9月。ゼロ・モーターサイクルズの従業員は1年半を費やし開発したまったく新しい完全な電動バイクを作り上げた。

バイク界のテスラか

それから1年半後、数年ぶりとなる電動バイクの新モデル「SR/F」のデビューとなった。

ゼロ・モーターサイクルズ は発展途上の電動バイク市場を、牽引してきたメーカーだ。しかし、大手メーカーもまたこの分野にも参入しつつある。

ゼロは、定評あるバイクメーカーより小規模で歴史も浅いが、時代に即した現実的な経験を持つ “バイク界のテスラ”であると言われる。

SR/Fには複数の走行モードが用意されており、モードによって加速やトラクションコントロールの程度が異なる。

ほぼフルパワーの「Sport」、パワーを75パーセントに抑える「Street」、トルクを半減させる「Rain」、そしてドライバーが自由にセッティングできる「Custom」の 4つの 走行モード が用意されている。

そのうえ、ソフトウェアは無線でアップデートでき、スロットルの反応やブレーキの挙動に関してプログラムを改善し続けている。

サイトオーナーのひと言

私としては、普通2輪クラス、アメリカンタイプの電動バイクを待ち望んでいるのだが、果たしていつになることやら・・・。 それまでは、おんぼろビラーゴを大事にしていよう。