足を痛めた時はこれが必須?膝用サポーターの効果

足を痛めた時はこれが必須?膝用サポーターの効果

40年前半月板断裂・手術、膝サポーターを装着して、実感。椎間板ヘルニア手術とギランバレー症候群に悩まされながらの山開拓とキャンプ。

 

関節の怪我は、年齢とともに・・・。

20代前半、お酒の勢いでついはしゃぎすぎたのか転倒して左ひざをおかしな方向へねじってしまいました。。

膝が腫れ上がるわ、痛みで夜も寝られず・・で、翌日左足を引きずりながら病院へ行ってみるとまあ当然のごとくレントゲン撮影。

医師は開口一番、「半月板が潰れてますねぇ・・入院してください!」 

いやいや、仕事が忙しいから入院なんて・・・、とごねる私に向かって医師のひと言。

「痛いでしょう、仕事なんかできるわけない。」  ごもっともです。その場で入院、翌々日には手術と まあとんとん拍子で何とかなりました。

・・が、関節を固定すると後のリハビリが大変なのを実感しました。

退院後も、半年ほどは激しい運動は控えるようにとのことで、毎日していたマラソンもできなくなりました。

それ以後の数十年、膝に関しては日常生活には何の支障もなく活動できましたが、やはりあの時の医師の言葉通り年齢とともにやってきましたね。

年齢・・以外の要素も多分にはあるのですが後述します。

 

 

椎間板ヘルニアからのギランバレー症候群、そして後遺症

腰痛から坐骨神経痛そして椎間板ヘルニアへ・・。

膝を痛めた時に、無理な体制をとっていたためか少し腰を痛めてしまいました。

いわゆるぎっくり腰ってやつですね。

半月板断裂手術から約5年、腰痛も最悪の状況になり今度は右足が麻痺に近いほどしびれてきちゃいました。

今度は、右足を引きずりながらゆっくりと歩くのが精一杯でした。

 

こんな感じで、腰をがちがちに固定、効果抜群!

腰を痛めている方は、案外多いようですね。

腰痛サポーターをしているとほんとに楽でしたね、手放せませんでした。

朝コルセットをして出勤、何とか業務はこなせていましたが半日もすると腸の動きが何となくおかしくなります。

あまり長時間連続装着はしないほうがいいみたいですが、外すと途端に腰にきてまたつらい。1~2時間外した後はまた装着して何とか一日をこなす・・の繰り返しです。

コルセットの2次効果にはおどろきましたね、ウエストが70センチにまでおちてきました。

マイナス6センチほどで、ウエストを細くしたい方にはいいかも。私は別に嬉しくもないんですけど・・。

上司に勧められて腰痛体操などもしてみましたが、そもそもこの時点で椎間板がやられていたので全く効果なし。

高価なマッサージチェアを購入する羽目になってしまいました。

しかし、腰痛というものは悪くなることはあってもよくなることはなく、結果手術をする羽目になってしまいました。

鎮痛剤を飲まないと、痛みで眠れなくなってしまったので致し方ありません。

結果は、きわめて良好・・天と地ほどの違いがあり、担当医も喜ぶくらいでした。

術後1か月で退院し、自宅療養1か月の後職場復帰できました。

地獄から天国とはまさにこのことだなというくらいの回復ぶりでした。

 

 

椎間板ヘルニア完治後にギランバレー症候群発症。

椎間板ヘルニアの手術後は、実に順調に回復し荷物を抱えて普通に歩くことも長時間歩行(ハイキングや遠足)も問題なく、実に晴れ晴れとした気分でした。

皆さんも、腰痛を侮ってはいけません。

歩くのは楽しい、走れるのはもっとうれしい。これで、心置きなく仕事に打ち込める・・はずでした。

 

椎間板ヘルニア完治後にギランバレー症候群発症。

椎間板ヘルニア完治後一年を待たず、何だか体がだんだん重くなってきました。

手や足にも力が入らず、車のドアの取っ手が引けなくなってしまいました。

いろいろありましたが、診断はギランバレー症候群でした。(呼吸停止の一歩手前まで進行し、結構重度だったそうです。)

少しづつ回復していき、仕事もできるようにはなりましたが、両足だけは何故かいまだに動きません。

普通に歩けなければ当然運動不足にもなり、加齢とともに筋肉も衰えてくると、やはり左ひざ半月板損傷の効果?がじわじわと出てくるものですね。

 当時の担当医の言葉が思い出されます。

両足が不自由なうえに膝に激痛が走り、歩行困難ではさすがに情けない気分です。

しかし、そんなこんなで、現在も何とか不便ながら普通に生活できているんですが・・。

 

Lixinsunbu 膝サポーター、 アウトドアスポーツ 男女左右兼用 を(うたい文句を信じて)使ってみた。 

ある日、ネットで見つけた膝用サポーターを試してみようと早速購入、まあこうなったらダメもとです。

 

Lixinsunbu 膝サポーター

 

 

楽天市場で詳細を見る

 

膝関節が安定するように、少し強めに巻かないと膝関節が安定しません。

これは、全体が伸縮式のもので、さらにバンドでひと回りして固定して使います。

関節のずれによる痛みは若干よくなったような感じですが、動き回っているとだんだんずれてしまいます。

ただし、筋肉がやせてしまった私の場合は関節が変な方向にずれやすいので、効果はもう一つといったところでしょうか。

しかし、長時間しているとどうしても膝から下がむくんくるので、数時間ごとにサポーターをはずして足をマッサージしてやらねばなりません。

結局、面倒になりはずしたままに・・・。

 

膝関節を固定・保護 、アルミ合金製ブラケット内蔵 /男女兼用膝サポーター を使ってみた。

   

それから、こんなのも試してみました。

 

曲げるとこんな感じ
購入時の写真使用

二本のブラケットで関節を両側から固定してくれるので、ゴムバンド式のサポーターよりはしっかりしているようです。

ただし3種類の大きさがあり、自分の足のサイズにぴったりと合っていないと曲げ伸ばしを続けるうちにだんだんとずれてきます。

身長170センチ前後で中肉中背ならば Mサイズ、女性ならば Sサイズくらいでしっかりと固定するようにバンドを閉めます。

因みに、Lサイズはちょっと太めの方用ですね。

Amazon

楽天市場で詳細を見る

 

伸縮性ののものではないので、しっかり巻き付ける感じでさらに金属製のブラケットで膝を両側から固定して使うわけですが、上下のバンドがやや細めなのでブラケットの固定がちょっと緩い感じがします。

もう少し幅の広いバンドでブラケットをしっかりと固定するほうが、関節をしっかりとサポートしてくれると思うのですが・・。改良版を望みますね。 

しかし装着感は悪くなく、無いよりはあったほうがいいといった具合でしょうか。

短時間なら、両方装着だとしっかりしますね。

まあ、そんなこんなで、何とか普通に日常生活をこなしています。

加齢や怪我などであしに不具合があるときは、サポーターというのは結構役に立つものです。

 

山開拓で、ツルハシを振るう。

 

ドラム缶風呂制作中

実は、定年を機に自営業を始めたのですが、同時に山林を購入し現在山開拓にいそしんでおります。

リハビリと適度な運動もかねて、山仕事を無理なく楽しもうという訳です。

子どもたちがまだ小さい頃から毎年キャンプはしていたので、今度は孫も含めて家族で山中キャンプができるようにコツコツと開拓しています。

 

自分の山で冬キャンプ

 キャンプ道具も、今はやりのものではなく30年来の使い古しばかりですが、結構長持ちするもんです。

 

30年ものの飯盒

 この飯盒、トンカチでたたいて形を整えながら今でも現役です。 

サポーターを装着して、さらに足首を固定できる(両足首は、ほとんど動かずぶらぶらなので)長靴の安全靴をはいて作業しています。

それでも、歩き方はかなりぎこちないですが・・。

やはり、筋力の低下による足関節の痛みなどは、筋力をつけるのが一番。 

まあ、無理のない程度で、余計に悪化したら元も子もないし・・。 

 

 

アウトドア・気ままに山開拓/ひまわり工房

ドローン情報サイト/ひまわり工房

YouTube/ひまわりGチャンネル