「日本」のルーツを考える。カタカムナウタヒが語る世界! 第9首 ~ 11 首。

「日本」のルーツを考える。カタカムナウタヒが語る世界! 第9首 ~ 11 首。

日本最古といわれるの神代文字カタカムナウタヒには次元・時空の生成、量子(理論)に関する事柄が書かれていると言われています。極微粒子(素粒子)の粒子特性および波動性、人間の目に見えない潜象界(陽・精神)と目に見える現象界(陰・物質)の循環・重合、生命の成り立ちを説いていると言われています。

物質と精神の統合・生命の循環、カタカムナウタヒが語る生命の根源。

 

時計回りに読んでいきます。

今回は、第9首から、第11首までを見てみたいと思います。

第9首 (すべての物質重合性・生命の成り立ち)

アメノトコタチ クニトコタチ アメ クニカ ソコ ソギ タチ カタカムナ マノ トキ トコロ トコ タチ

 

アメノトコよりクニトコ成りて(意思を以て発現し凝縮統合したるもの、天より地への発生・分離・凝縮し定常化そして展開したるもの)、物質と空間、万象万物をカタチ創るのはカタカムナ、潜象から現象化へと、発現し凝縮・定着したるものである。

意思を以て発現したるものの相似象として3次元空間が存在し、すべては惟神(カムながら)のうつし(投影)であること。

3次元空間の中で、私たちはそれぞれ ” 個 ” であると認識してはいるが、現象化したすべては同一のものより成ったもの(分御魂)であり、” 個 ” もまた神であり、潜象の写しである。

 

第10首 (生命の発生とその源)

メグル マノ ミナカヌシ タカミムスヒ カムミムスヒ オノコロシマ カムナ ホグ アメ ツチ ネ ハシ マリ

 


ヤタノカカミヨリ発現したるもの・その意志をもって出でたるもの(正反分離し発現したる粒子の集合・凝縮)、それは、意思を以て存在したる生命エネルギー(タカミ)と、成したるものその行いを示すちから・物質化(カムミ)により、現象世界(オノコロシマ)は象(カタチ)創られる。

「カムナ」の分離投影であり、融合によって、アメツチネ(万物万象物質界)すべての粒子の基であり、相似象として存在するものはすべて、写し(投影・融合)の始まりとなる。

 

第11首 (生命活動とその根源)

イハ フトヤ ネ イキ ツチ ノ ワ カタカムナ アマ ノ ヒト タマ カミ サキ サトリ ニナ タマ ノ ワケ ツミ イキ コト マリ ノ ワケ ヨミ

 

ヒフミヨイ~ムナヤ まで、発生し引きあい重合が進行し、空間を満たし、個々の持続した生命をカタチ作るものの (生命を形作る器官)の 個々の活動、即ち様々の生命器官活動の総和が、生命体のチカラ(生体)になる。その調和と均衡の根源が「カタカムナ」である。

「ちから」により発生した(アマの)微粒子の変遷により、ヒトツ(ヒト・個体)の生命体は「カミ」(潜象のエネルギー集合体)から分離成立する。

分離した個々の生命体であり、生命の繰り返しの重合との変遷によって「ワケ」られた(分離した)「ヨ」(現象界での)の「ミ」(実体)はつまり「カミ」そのもの(神の分御魂)である。

私たちの体の各部位が生命活動を営みながら、個体(アマノヒトタマ)として存在しうるのは、その生命活動により発生する、生命の源であるカタカムナのチカラによるものであり、神の分御魂であるからである。

古神道・古史古伝 他のカテゴリー

生命の発生からそのあり方や営みについて、多くが語られています。

説明は大雑把ですが、その思いを巡らし感じながら声に出すと良いでしょう。