竹内文書

流浪の民「サンカ」は古代日本を知っていた?

「サンカ」は、かつて日本の本州各地の山地に住んでいたとされる放浪民の集団である。 歴史学者の多くはサンカの存在について積極的に研究対象とはしていない。理由として、サンカは日本の歴代の中央政権との関わりあいがなかった事、少人数で構成され、遺跡・遺物など歴史的価値のある資料の類がほとんど残されていない。 […]

竹内文書に見る、月読暦とは!

古代日本では、季節の変わり目を重要な節目と考え、暦を重要視していた。 月読暦と古代天皇の寿命 イザナギが生み出した「三貴子」の一人、月夜見命(つきよみのみこと)は、夜を治めるよう仰せつかった神である。 竹内家帝皇日嗣では、月夜見命は三柱の神を示すとされる。 月読命:新月で、暦の神 (月読暦) 月弓命 […]