正統竹内文書

1/2ページ

流浪の民「サンカ」は古代日本を知っていた?

「サンカ」は、かつて日本の本州各地の山地に住んでいたとされる放浪民の集団である。 歴史学者の多くはサンカの存在について積極的に研究対象とはしていない。理由として、サンカは日本の歴代の中央政権との関わりあいがなかった事、少人数で構成され、遺跡・遺物など歴史的価値のある資料の類がほとんど残されていない。 […]

竹内文書に見る、月読暦とは!

古代日本では、季節の変わり目を重要な節目と考え、暦を重要視していた。 月読暦と古代天皇の寿命 イザナギが生み出した「三貴子」の一人、月夜見命(つきよみのみこと)は、夜を治めるよう仰せつかった神である。 竹内家帝皇日嗣では、月夜見命は三柱の神を示すとされる。 月読命:新月で、暦の神 (月読暦) 月弓命 […]

古文書に見る日本の歴史! ⑷ 竹内文書は本当に偽書なのか?出雲族と大和族と原日本人!

古代日本を支配していた天孫族。出雲族と大和族の戦い、そしてそれ以前からその地の住んでいた原日本人 とは・・・! 天孫降臨後日本を統治していた「天皇族(すめるぞく)」が、太陽信仰の下日本列島で文明を築いていた。(天地開闢、天孫降臨のページを参照してください) 三貴子は、三氏族へと繋がる。 伊邪那岐神( […]

古文書に見る日本の歴史! ⑴ 竹内文書は本当に偽書なのか?古事記解説編 その2

古神道・竹内文書を読み解いていくと、消えた日本の歴史が見えてくる。 竹内文書(帝皇日嗣)で見る 国生みと神生み。 宇宙の神が顕現し地球を含む惑星があちらこちらに誕生した。さあ、地球に神が降り立つ天孫降臨によっていよいよ惑星環境がつくられていきます。 私たちにとって、最も馴染み深いイザナギとイザナミに […]

古文書に見る日本の歴史! ⑴ 竹内文書は本当に偽書なのか?古事記解説編 その1

古神道・竹内文書を読み解いていくと、消えた日本の歴史が見えてくる。 竹内文書(帝皇日嗣)で見る古事記の天地開闢。 竹内文書の”表向き!帝皇日嗣から見る、古事記の天地開闢” この内容は、口伝による日本古代史含まれており、古事記・日本書紀とは少し違う天神人租について解説されています。割と聞きなれている部 […]

古文書に見る日本の歴史! ⑶ 竹内文書は本当に偽書なのか?

古神道・竹内文書を読み解いていくと、消えた日本の歴史が見えてくる。  神皇時代の天孫降臨。 古事記、茨城竹内文書、正統竹内文書 それぞれの天孫降臨! 古事記の天孫降臨 大筋では、大国主命(オオクニヌシニミコト)が葦原中国(アシハラナカツクニ)を平定後、天照大御神(アマテラスオオミカミ)などの天神たち […]

古文書に見る日本の歴史! ⑵ 竹内文書は本当に偽書なのか?

古神道・竹内文書を読み解いていくと、消えた日本の歴史が見えてくる。 天地開闢を考える。 正統竹内文書と初代竹内宿禰 越中の御皇城山(おみじんやま)の”皇祖皇大神宮(こうそこうたいじんぐう)”に伝わる鹿皮に神代文字で書かれた 文献 が竹内文書の原書であり日本の歴史だった、そこにかかれていたものは・・。 […]

竹内古神道の言霊学における「ス」と「ユ」の言霊!

竹内文書においては、「かな」の語源は「神字」(カムナ)とされている。神代文字とカナ文字のちがいは・・。 カナ文字はローマ字に対応する五十音で作られているが、神代文字は母音八音(静音と濁音)それと天津太祝詞で使われている秘密文字の、計八十八音で作られていると言います。 五母音説 通常の日本語においては […]

そもそも、神代文字とは何か!

神代文字(じんだいもじ又はかみよもじ)とは、漢字伝来以前に古代日本で使われたとされる多様な文字・文様の総称であり、 神代(かみよ)から伝えられたとされる。 神代文字の有無は江戸時代国学者間の研究問題でもあり、平田篤胤は「神字日文伝」を著わしてその存在を主張した。当時からその信ぴょう性については多くの […]

古文書に見る日本の歴史!⑴ 続編 竹内文書は本当に偽書なのか?

古事記と同時期に編纂された日本書紀は、諸外国や一般向けに省略改変された日本の歴史書だ。古事記と竹内文書を合わせて読み解いていくと、消された日本の歴史が見えてくる。 何故、偽書と言われるのか・・。 古史古伝と言われるいくつかの古文書が、現在の歴史学者の間で偽書扱いされているのはなぜだろうか・・。 人間 […]