古神道・古史古伝

2/2ページ

そもそも、神代文字とは何か!

神代文字(じんだいもじ又はかみよもじ)とは、漢字伝来以前に古代日本で使われたとされる多様な文字・文様の総称であり、 神代(かみよ)から伝えられたとされる。 神代文字の有無は江戸時代国学者間の研究問題でもあり、平田篤胤は「神字日文伝」を著わしてその存在を主張した。当時からその信ぴょう性については多くの […]

「日本」のルーツを考える。カタカムナウタヒが語る世界! 第12首 ~ 第13首。

 日本最古といわれるの神代文字カタカムナウタヒには次元・時空の生成、量子(理論)に関する事柄が書かれていると言われています。極微粒子(素粒子)の粒子特性および波動性、人間の目に見えない潜象界(陽・精神)と目に見える現象界(陰・物質)の循環・重合、生命の成り立ちを説いていると言われています。 宇宙を構 […]

古文書に見る日本の歴史!⑴ 続編 竹内文書は本当に偽書なのか?

古事記と同時期に編纂された日本書紀は、諸外国や一般向けに省略改変された日本の歴史書だ。古事記と竹内文書を合わせて読み解いていくと、消された日本の歴史が見えてくる。 何故、偽書と言われるのか・・。 古史古伝と言われるいくつかの古文書が、現在の歴史学者の間で偽書扱いされているのはなぜだろうか・・。 人間 […]

古文書に見る日本の歴史! ⑴ 竹内文書は本当に偽書なのか?

古神道・竹内文書を読み解いていくと、消えた日本の歴史が見えてくる。 そもそも 古神道・竹内文書とは、 「 夫れ 混元既に凝りて 気象効れず    それ まろかれたるものすでにこりて いきかたちあらわれず 名も無く 為も無く 誰か其の形を知らむ。 まのなく わざもなく たれかそのカタチをしらむ 然れど […]

「日本」のルーツを考える。カタカムナウタヒが語る世界! 第9首 ~ 11 首。

日本最古といわれるの神代文字カタカムナウタヒには次元・時空の生成、量子(理論)に関する事柄が書かれていると言われています。極微粒子(素粒子)の粒子特性および波動性、人間の目に見えない潜象界(陽・精神)と目に見える現象界(陰・物質)の循環・重合、生命の成り立ちを説いていると言われています。 物質と精神 […]

日本の起源を考える! 日本語 48音 の成り立ち。

言霊(ことだま)とは、一般的には日本において言葉に宿ると信じられた霊的な力のこと、言魂と書く場合もある。魂が宿り現象化する。 世界に類を見ない ” 言語 ” ・・なぜそういわれるのか。 声に出した言葉が、現実の事象に対して何らかの影響を与えると信じられ、良い言葉を発すると良いことが起こり、不吉な言葉 […]

「日本」のルーツを考える。カタカムナウタヒが語る世界! 第1首 ~ 第3 首。

日本最古といわれるの神代文字カタカムナウタヒには次元・時空の生成、量子(理論)に関する事柄が書かれていると言われています。素粒子の一つである電子や光子の粒子特性および波動性、人間の目に見えない潜象界(陽・精神)と目に見える現象界(陰・物質)についても書かれています。 上古代の約1万2000年以前に、 […]

星田妙見宮(小松神社)太上神仙鎮宅七十二霊符の最強パワー!

「太上秘法鎮宅霊符」とも呼ばれる七十二種の護符。 江戸時代に彫られた門外不出の木版を使い、宮司さんが祈祷して作ったこの護符は、72の厄災から人を守護するものです。 星田妙見宮 (大阪府交野市星田9丁目60-1 )の霊符とは。 長い長い階段をやっとのことで上がっていくとたどり着ける本殿。そのわきにある […]

「日本」のルーツを考える。カタカムナウタヒが語る世界! 第4首 ~ 8 首。

日本最古といわれるの神代文字カタカムナウタヒには次元・時空の生成、量子(理論)に関する事柄が書かれていると言われています。素粒子の一つである電子や光子の粒子特性および波動性、人間の目に見えない潜象界(陽・精神)と目に見える現象界(陰・物質)についても書かれています。 上古代の約1万2000年以前に、 […]